用語集

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 その他 全一覧

お悔やみの言葉

お悔やみの言葉は、受付で香典を渡す時に述べるのが基本です。ご遺族に対しては不要です

<基本のお悔やみ>

「この度は、誠にご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます。」


<病死の場合>

「先日お見舞いに伺いました折には、お元気でいらっしゃいましたのに、本当に残念でなりません。謹んでお悔やみ申し上げます。」


<事故の場合>

「突然のことで、なんと申し上げてよいか言葉もありません。心からお悔やみ申し上げます。」


<急死の場合>

「突然のご不幸で、さぞお力落としのことと存じます。どうぞお気をしっかりお持ち下さい。」


<特にお世話になった場合>

「ご生前は、ひとかたならぬお世話になりました。これからご恩返しをと思っておりましたのに、本当に心残りでございます。」


<子供を亡くした場合>

「この度のご不幸、もう胸が張り裂ける重いです。どんなにお辛いことかと思うと、お慰めの言葉もありません。心よりお悔やみ申し上げます。」


<夫を亡くした場合>

「どんなにかお力落としのことと思いますが、お子様のためにも、どうぞお気をしっかりお持ちください。心からお悔やみ申し上げます。


<妻を亡くした場合>

「この度は、誠にご愁傷様でございます。長年連れ添った奥様とのお別れ、どんなにかお辛いこととお察しいたします。心からお悔やみ申し上げます。」


<若い人が亡くなった場合>

「この度はご愁傷様でございます。これからが楽しみな方だったのに、本当に残念です。お悔やみ申し上げます。」


<会社の同僚が亡くなった場合>

「この度は突然のことで、さぞかしお力落としのこととお察し申し上げます。人望が厚かっただけに、社内でも皆悲しんでおります。」


<キリスト教の場合>

「安らかな眠りをお祈りいたします。」

ページトップへ
ショッピングガイド
商品のお届けについて
お支払方法について
送料について
喪服・フォーマル専門店Queen's SHOPにご来店いただきありがとうございます
営業日カレンダー

12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
配送スケジュールをみる
お客様の声 初めてご来店のお客様会員特典について